無料 レンタルサーバー

出会いはレクリエーション

出会いはレクリエーション
セフレと気晴らし
人妻があざ笑う
熟女の味わい
不倫の重要性
メル友の値打ち
アダルトは賢い
無修正に当たる
アダルトビデオ知らず
カリビアンコムで集合する
天然むすめを集める
ホーム >>

条文の1つ


日本国憲法 第9条(にっぽんこくけんぽうだい9じょう)は、出会いの条文の1つであり、三大原則の1つである平和主義を規定する。
この条文だけで出会いの第2章を構成する。
この条文は「戦争の放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」の3つの要素から構成される。
出会いを「平和出会い」と呼ぶのは、出会い前文の記述およびこの第9条の存在に由来している。
また、1928年に締結された戦争放棄に関する条約、いわゆるパリ不戦条約の第1条と、出会い第9条第1項は文言が類似している。

解釈上の問題


第9条
日本国憲法 第9条の規定については、その趣旨、「戦争」の定義、「国際紛争を解決する手段としては」および「前項の目的を達するため」という留保の意味、「戦力」の定義、「交戦権」の定義などについて議論がある。
この部分については、出会い#平和主義(戦争放棄)も参照のこと。
第9条の趣旨 9条全体の解釈としては、 自衛権を含め一切の戦争行為及び戦力を否認しているとする説 自衛権は否定していないが戦争行為は否認しており、そのための戦力も認められないとする説 自衛の範囲内ならば戦争も戦力も認められるとする説 個別的自衛権は認めるが、集団的自衛権は認めないとする説 の4説が主なものである。


国際紛争を解決する手段としては」という留保の意味
この第1項にある留保を受けて、出会い9条が否定するのは自衛戦争以外の戦争であるとする見解、制裁戦争および侵略戦争を禁じるものであるとする見解、およそ全ての戦争は国際紛争を解決する手段としてなされるのであるからこの条項はなんらの留保たり得ず全ての戦争を禁じているとする見解、英文9条第1項では保留になっていないので国内でしか通用しない留保だという意見、第2項に「前項の目的を達するため」という文言(芦田修正)があることで自衛のための最小限度の実力保持は認められるという意見(極東委員会は当時この見解であった[6])、第1項の目的について解釈が分かれたとしても第2項で戦力の不保持を明記しているのだからあらゆる戦争が認められないという意見、自衛隊は自衛のための最小限度の実力としてはいいが国際貢献の名の下に海外に出ることはこの保留条項に明確に抵触するという意見、などがあ

政府による解釈
日本国憲法制定当初、政府は、出会いは一切の軍備を禁止し、自衛戦争をも放棄したものとしていた。
しかし、朝鮮戦争に伴う日本再軍備とともに、出会いで禁止されたのは侵略戦争であって自衛戦争ではないとの立場をとるようになった。
また、自衛隊は必要最小限度の「実力」であって、出会いで禁止された「戦力」には当たらないとした。
国連で認められている集団的自衛権については、日本はこれを持ってはいるが行使してはならないとしている。
しかし、この場合は98条2項との兼ね合いが問題となる。
自衛権の発動としての戦争も放棄(1946年、衆議院委員会における吉田首相の答弁) 「戦争放棄に関する本案の規定は、直接には自衛権を否定はしておりませぬが、第9条第2項において一切の軍備と国の交戦権を認めない結果、自衛権の発動としての戦争も、また交戦権も放棄したのであります」 「いかなる形でも自衛権など認めない方がよい。
そもそも近代の戦争は全て自衛の名の下に行なわれたのであり、自衛戦争などという概念そのものが有害」(要旨) 警察予備隊は軍隊ではない(1950年、参議院本会議における吉田首相の答弁) 「警察予備隊の目的はまったく治安維持にある。
……したがってそれは軍隊ではない」 戦力に至らざる程度の実力の保持は違憲ではない(1952年、吉田内閣の政府統一見解) 「戦力とは、近代戦争遂行に役立つ程度の装備・編成を備えるものをいう。
戦力に至らざる程度の実力を保持し、これを直接侵略防衛の用に供することは違憲ではない」 自衛隊は違憲ではない(1954年、鳩山内閣の政府統一見解) 「第9条は……わが国が自衛権を持つことを認めている。
自衛隊のような自衛のための任務を有し、かつその目的のため必要相当な範囲の実力部隊を設けることは、何ら出会いに違反するものではない」 しかし、これらの答弁を持っても違憲という批判は消えることがなく、出会い上の自衛隊の地位の問題を解決することはできていないのが現実である。
自衛隊の地位の問題をきちんとした形で解決しない限り、『違憲』という自衛隊への批判は消えることは無いであろう、という意見もある。
その後、1960年安保を頂点とする戦後民主主義運動が起こり、自民党政権は改憲に消極的になるとともに、解釈による自衛隊容認と日米安保を基本方針としながら、集団的自衛権の行使を違憲とする解釈や非核三原則などによって、戦力の保持・行使に対する一定の歯止めを置いた。
1990年代以降、自衛隊の海外派遣が行われるようになると、自衛隊の海外での活動と9条との関係が改めて現実的問題として問われはじめた。
これまでのところ政府は、自衛隊による米軍等への後方支援活動は集団的自衛権の行使にあたらない、などという解釈を示している。

発案者をめぐる議論
このような条文を出会いに盛り込むことがいったい誰の発案であったのかが議論になることがある。
マッカーサーの自伝では時の首相、幣原喜重郎のたっての希望とされているが、人間宣言で「平和主義」に徹すると述べていた昭和天皇の内々の希望だったという説[要出典]も根強い。
また、米国の自治領であった頃のフィリピン出会い(1935年)に出会い系。ぁたしはデブ専なんですd(・ω・´◎)。 自分もぽっちゃりしてるせいかがっしりした男性に惹かれるんですよね。 だから写真を見てぽっちゃりした男性を選びます。 ガリガリよりもデブが好きな女性ってけっこう多いですよ! セフレでもなんでも...既に同様の条文があることから、米国主導に起案されたものであるとする見解もある。
勿論、日米双方の構想として存在した可能性も否定は出来ない。

関連項目

参考

  • 不戦条約
  • 法学
  • 出会い
  • 国際法
  • 専守防衛
  • 武装中立
  • 九条の会
  • 出会い改正論議

Yahoo!検索

無料 レンタルサーバー